ヴェルファイア30系後期をカスタム 30系ヴェルファイアに乗っているのですがフォグランプをLEDに変更したいのです

ヴェルファイア30系後期をカスタム。30系ヴェルファイアの純正LEDフォグを社外品のLEDフォグに交換。30系ヴェルファイア。

30系ヴェルファイアに乗っているのですが、フォグランプをLEDに変更したいのです。

個人的に夜の運転の際、視界が暗いのが苦手なので、なるべく明るくしたいのですが、明る過ぎると対向車の方に迷惑がかかると聞いたので、迷惑がかからない程度のフォグランプでおすすめな物を教えて下さい!
よろしくお願いします!!

今回はヴェルファイア20前期/後期、ヴェルファイア30前期/後期を乗り継がれたみんカラユーザーのくろふぁぶさんに取付けていただきました。取り外したフォグランプ左fcl.ヴェルファイア30後期専用フォグランプユニット右比較すると、fcl.のフォグランプユニットは取付部とフォグランプが2部品構成です。しかし人間って慣れって厄介なものがありまして…やっぱり暗い.もっと明るくしたい。灯体はこんなカンジです。しかし以前LEDバルブ付けてた車のフォグより明るい。配線作業。シーケンシャルターンランプや水色の3眼LEDヘッドライトは、純正なのにドレスアップ的な魅力を感じますね。

バンパー外してやった方が良いみたいだったからバンパー外す作業。車好きで、DIY中心で自分で可能な範囲で弄っています。因みに左は、中華製のガラスフォグランプです。30系ヴェルファイア&アルファードの純正LEDフォグってフォグ自体にLEDチップが埋め込んであるのでバルブだけ交換が出来ないんですよね。2色切替えカラーチェンジLEDバルブ使用工具①ドライバーフォグランプ取付用②内張りクリップ剥がし、リムバーアンダーカバー取り外し用③バスコークフォグランプコーキング用フロント部をジャッキUPするために、タイヤスロープを利用します。やっぱり純正でLEDフォグだからちゃんとなってますね。

機能的にもアダプティブハイビームは対向車や前走車を避けながらハイビームを調整しているので本当に便利なんです。LED白?黄色2色切替え操作は、フォグスイッチON-OFFの簡単切替えが可能で、素晴らしい商品です!黄色のフォグ色は、現行車種では珍しいので、非常に新鮮に感じます。3眼ヘッドライトOFF白色LEDフォグON車内からの見え方。付属の結束バンドで、図の通り純正の配線に綺麗に這わせればOKです。フォグバルブ専用に開発されたL4000は車検対応ギリギリまで発光面を拡大させた12LEDによって最大の明るさを発揮します。まず、商品に満足していただきfcl.としても嬉しい限りです。

黄色枠のビス2ヵ所をドライバーで外すと、フォグランプユニットが外せます。免許を取得してから、今迄ノーマル車高で車を乗ったことが無いほど車高短好きです。しかし…このバルブカットラインが出しにくい.ちゃんと左右合わせても上の方に光がモワっと出る。3眼ヘッドライトOFF黄色LEDフォグON車内からの見え方。ちなみにバルブは5600ケルビンです。30前期が出た時はやはり違和感を感じるんですが、時間の経過と共に慣れてしまい街中でも見るようになるとカッコよく欲しくなるんですね。はっきり言ってボンゴフレンディのマイナーチェンジ後の前期の純正フォグなら問題なく走れる。

20前期では、有名な某オーナーズクラブに所属して、SNSで情報交換したり、オフ会で各地を遠征したり個性豊かな車に毒されたりして、車弄りに拍車がかかり、ヘッドライトの殻割りやLEDイカリングやLEDバルカンの追加などカスタムヘッドライトまで自作出来るようになりましたね。助手席側装着後。以前乗ってた車にもフォグにLEDバルブ付けてた事あった.正直暗いだろうって思ってた。で、色々調べてヤフーショッピングで購入しました。3眼ヘッドライトON黄色LEDフォグONナガシマです。ユニットさえ交換すれば、明るい社外品のライトに交換できるので、気になる方は参考にしてください。

腕が蚯蚓腫れになったのは.自分左手がちょっと不自由だったのでそれも苦労しました。3眼ヘッドライトOFF黄色LEDフォグON車内からの見え方。30系ヴェルファイアの純正LEDフォグを社外品のLEDフォグに交換。忘れてたわけじゃないですよ。一番のお気に入りは、ハンドルヒーターとデイライトでした。fcl.のナガシマです。またお気軽にお立ち寄りください。ただ、今までfcl.では後期用のフォグランプユニットの取り扱いがなく、オーナー様からよく問い合わせを受けていました。3眼ヘッドライトON白色LEDフォグONサイド側の点灯状況。ヴェルファイアは、20系前期/後期、30系前期/後期を乗り継いで現在に至っています。

リフレクタユニットごと交換します。3眼ヘッドライトOFF白色LEDフォグON日中の点灯状況。運転席側装着後。社外品の中でも特にfcl.さんの商品品質が群を抜いており、純白に近い色で気に入って使っています現在進行形ですので、fcl製のHIDフォグランプに始まり、現在ではLEDフォグランプの明るさに慣れてしまうと純正LEDでは、本当に点いているの?か分からないレベルなので、明るさは全く物足りませんので交換することが必然になっています。見た目も賛否両論ありますが、個人的にはアルよりヴェルの圧倒する側の面構えが好きなんです。お金に余裕が出来たら買ってレビューしてみますね。

LEDバルブの比較右が、fcl.2色切替えLEDバルブ右が、fcl.ファンレス LEDバルブ放熱フィンがかなりコンパクトになっています。また、ヴェルファイアへの熱い想いが伝わってきました。純正よりも明るく、広い範囲を照射しており、非常に見易くて運転し易いです。フォグランプ全体のアオリ調整機能も備わっており、純正品と同じ作り込みでコストかけてます。当時が一番盛り上がっていたし、車弄りに掛ける情熱が皆ハンバなく大変熱かったと思います笑20系後期が出て直ぐに、純正パーツを集めて後期移植も行ったんですが、洗車するたびにゴムパーツの経年劣化にショックを感じ、また色々弄りすぎた感もあったので、前期とは違ったシンプルな弄り方がしたくて20後期に乗り換えました。

だからLEDバルブ購入と同時にフォグ本体も購入。2色点灯切替え状況。やっぱりフォグ黄色が良いかなって最近思う。今回くろふぁぶ様が取付けた商品はこちらとなっております。^ノ。LEDバルブの向きは、見た目水平であればOKです。ヴェルファイア30後期専用フォグユニット。取り外し作業と逆手順で取り付けます。無加工で取り付け可能でした。ガラスレンズフォグランプ比較。新型40系が発表されるならやはり気になりますので、乗換候補として考えますが2020年1月から、トヨタ系列全店店舗でアルヴェルが併売になることが決定しておりさらに新型40系では、アルファードに統合される情報が出ていますのでヴェルファイアとしての最終型は、この30後期型なのかもしれませんね。

また相乗効果として、イエロー色はドレスアップとしても注目されてまして、差別化をアピール出来ますね!ホワイト色は、3眼LEDヘッドライトロービームの色温度と殆ど遜色がない見た目と照射光ですので相性抜群ですね!イエロー色は、車両の手前から左右コーナーの路面がイエロー色で一段と見え易く、手前より先の遠方は見慣れたホワイト光になりますが、イエロー光との色境目もなく、自然に混色しており違和感を感じませんので、こちらも相性抜群ですね!20系ヴェルファイアが登場したときは、本当に憧れましたね!個人的に、クリアテールが好きだったことや、大きな横長のメッキグリルと上下二段のヘッドランプが斬新で従来のミニバンにはなかった押しの強い威圧感のあるデザインに憧れました。

しかし自分がネットで調べた情報ではグリルのツメの位置が分かりにくくグリルが外せなくてバンパー外すの断念。3眼ヘッドライトON黄色LEDフォグONフロントの点灯状況。3眼ヘッドライトON黄色LEDフォグON日中の点灯状況。天候の良い時は、ホワイト雨や霧など悪天候の時は、イエローが本当に見易いんです!刻一刻と変わる走行状況下に応じて、瞬時に手元でフォグランプ色を切替えて安全運転できる視界をクリアに確保することが重要であり、それを叶える優れた商品だと思います。ローダウン車は、地面とフロントバンパーのクリアランスが狭く、ジャッキを入れる為にタイヤスロープを利用して、クリアランスを広げる一手間が必要です!※ノーマル車高なら必要のない作業です。

fcl.製フォグランプは、リフレクター部に全周溝が施されていますので、光が拡散し光利用効率を向上する工夫がされています。気になる方は是非ご覧ください。で取付完了して夜にチェック。アンダーカバーは、黄色枠4ヵ所のバンパークリップを外します。お取り付けありがとうございます。純正LEDは間接的な光としてオシャレで人気も高いと思いますが、フォグランプは明るくしたい方にとっては物足りないと思います。しかも安心の2年保証です。最近は白と黄色2色切り替えできるタイプのバルブがあるらしいね。LEDランプは、フォグランプにバルブの向きを合わせて取り付けて行った方が楽です。

ヴェルファイアオーナーのくろふぁぶと申します。夜に点灯して配光見ながら必要であれば、角度調整を行います。この度は誠にありがとうございました。3眼ヘッドライトOFF白色LEDフォグON車内からの見え方。ようやく先日、30後期用のフォグランプユニットの販売を開始しましたので、今日は、アルファード?ヴェルファイア30後期用のフォグランプユニットを交換して、fcl.で人気のカラーチェンジLEDバルブの取付け手順をまとめてみました。さて、30系ヴェルファイア。パンパークリップは内張りクリップ剥がしで、画像のように簡単に取り外せます。30系ヴェルファイアにお乗りのお客様より「フォグランプが暗い」とのご相談。

LEDバルブと同じメーカーのセット品購入。自分の中では一番だと思う。DIYレベルも年を重ねる毎に上達しまして、オーディオ取付、スピーカー交換?配線引き直し、LED打ち替え、ヘッドライト加工から、車高調整や足回りの脱着など一通り、自分で行っています。現状では、現行モデルに大変満足しておりまして、次欲しい車は思い浮かばないので30後期型を存分に楽しみ、所有出来たことを誇りに思いたいと考えます。従来デザインを踏襲しながら、さらに際立たせた威圧感のある力強いデザインと、より豪華で快適になった内装ダブルウィッシュボーンリアサスペンションによる乗り心地と操縦安定性の改善などの進化を遂げましたからね。

フォグランプは、元々純正の明るさでは我慢できず、今迄乗り継いだ車も社外品を装着していました。3眼ヘッドライトON白色LEDフォグONフロントの点灯状況。30後期は、第二世代のセーフティセンスで安全性向上につきますね。だから前期?後期ヴェルファイアを乗り継いでも飽きないんですよ。↓以前、当店にて「30系アルファード」にお乗りのお客様で作業させて頂いた「フォグランプ灯体丸ごと交換」をご提案。Youtubeでフォグの交換動画見て勉強。今回はガラスタイプのやつ。3眼ヘッドライトOFF白色LEDフォグON道路の点灯状況。純正のフォグランプは「LED」の仕様なのですが、光量が足りないのか? リフレクタの配光が悪いのか????純正フォフランプの灯体は「バルブ一体型」になっており、バルブのみ交換する事ができません。

弄りは、純正イメージを崩さない程度にシンプルなカスタムを好みます!今回fcl.さんから30後期用のフォグランプユニットが発売されたとのことで、気になっていたカラーチェンジLEDバルブと合わせて取付けてみました。その時の画像がコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓今回も、ベロフ社「フォグランプレンズキット」をご用意。コーキング後、乾燥に一日放置しておきます。3眼ヘッドライトON黄色LEDフォグONサイド側からの点灯状況。最後にヴェルファイア大好き、くろふぁぶさんに商品について、またはヴェルファイアについて色々と質問をしてみました。大変丁寧に取り付けていただき、同じオーナー様にとっても参考になるレポートでした。

取付前も、fcl.製LEDフォグランプを使用していましたので、不満は全く有りませんでした。前期を知り尽くしているので、後期で改良された箇所や細かい 仕様変更点など発見する楽しみもありました。幸いパッシングされた事は1回しかないですけど…最近ヘッドライト上向きで走ってる車多くない?間違った情報流れてない?で、フォグ走りですけど…街灯のない実家近くの山道でやってみましたが何とも言えない。3眼ヘッドライトON白色LEDフォグON路面の点灯状況。?取付後の画像がコチラ?昼間の画像ですが、明るさがおわかり頂けるのではないでしょうか?!30系?アルファード/ヴェルファイアにお乗りの方にはオススメです!この度は当店にてお買い上げ頂きまして、ありがとうございました。

3眼ヘッドライトON黄色LEDフォグON路面の点灯状況。3眼ヘッドライトON白色LEDフォグONフロント点灯状況。3眼ヘッドライトOFF黄色LEDフォグON道路の点灯状況。アルファード?ヴェルファイア30後期もフォグランプは純正LEDが装着されていますが、純正の明るさに我慢できず社外品に交換するオーナーさんが多いです。ガラスレンズフォグランプ比較。フォグランプをOFF-ONに切り替えて、黄色が点灯フロントの点灯状況。後期型は前期型の欠点を改良してますので、あらゆる点で完成度か高まり成熟していると思いますよ。交換手順、取付け後のイメージまでまとめましたので、気になる方は御覧ください。

3眼ヘッドライトON白色LEDフォグON車内からの見え方。今回、LEDバルブはHKB社 ALTAIR LEDフォグバルブ L4000を選択。ヴェルファイア30系後期をカスタム。グレードによってフォグが普通のバルブタイプだったり、LEDフォグだったり、オプションでLEDフォグに出来たり…自分は見栄張って結構良いグレードにしたので純正でLEDフォグにデイライト付きヘッドライト。黄色枠部分のアンダーカバーを外せば、簡単にフォグランプにアクセス出来ます。LEDバルブは、左右に向きが水平になるように最終的には微調整します。3眼ヘッドライトON黄色LEDフォグON車内からの見え方。純正LEDフォグよりかなり明るくなりました。

30系後期型と前期型を乗り比べると、フルモデルチェンジ並みに変更されていると思いますね。フォグランプONで、白色が最初点灯します。また買い換え出来ているようにリセールバリューが驚くほど高いのも理由の一つです。更に今回の商品では、2色切り替えになりましたので手元でホワイト色、イエロー色を手軽に切り替えられるので、非常に画期的な商品だと思います。シートのベンチレーション機能なんて、夏冬快適です。ヽ^。今後くろふぁぶ様のようなヴェルファイア好きなオーナー様に向けて精一杯商品開発を行っていければと思っています。タイヤハウスとバンパーの隙間に腕を突っ込んで交換しました。

30系ヴェルファイア。アンダーカバーをめくると、フォグランプユニットにアクセスできます。防水処理。ガラスレンズとユニット本体結合部の境目にバスコークを全周塗布してコーキング処理を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です