初投稿です兄貴とは 初投稿です

初投稿です兄貴とは。「淫夢要素はありません?初投稿です自称初投稿兄貴」の元ネタ?初出。

初投稿です。

PCについて詳しくないので質問致します。
昨日まで普通に使っていたパソコンが、今朝起動すると、起動直後から真っ暗ででカーソルのみ動く画面になり、何度再起動しても何も出来ない状態でした。
結局、色々検索し、電源を落としてバッテリーや電源コードなども抜いた状態でしばらく放置してから電源をつけたら普通に起動しました。
ウイルスを疑ったりしたのですが、結局原因は何だったのでしょうか。
気になるので教えてください。
よろしくお願いします。

おそらく、淫夢4章ラスト「二人は幸せなキスをして終了」のねっとりキスシーンでしょう。淫夢要素はありません」ですが……初投稿ではないし、淫夢要素はあるし、原曲はあるし、動画だし、マイリストもついてます。削除?アカウント停止のリスクを避けるため、初投稿ではないと突っ込ませるためのネタです。「初投稿です?淫夢要素はありません」がクッキー☆→淫夢の一転攻勢ネタから生まれたとしたら、一転攻勢音MADの元ネタを知りたいですよね。原点にして頂点、美しい一転攻勢ですね。「クッキー☆→淫夢」の一転攻勢がありますよという予告になっています。これらの表現の元ネタ?初出はどこなのでしょうか?調べてみたところ、「初投稿です」と「淫夢要素はありません」はニコニコ動画でほぼ同時期に流行り始めました。

2012年の1-2月頃ですね。この動画が、クッキー☆を単なる炎上コンテンツとして終わらせず、淫夢と共存して生き延びていくきっかけとなったことは間違いないでしょう。「初投稿です自称初投稿兄貴」は、淫夢関係者が動画をアップするときに、実際は初投稿ではないのに「初投稿です」書く文化のこと。その投稿者は自称初投稿兄貴と呼ばれますね。このネタはTwitterにも普及していて、「淫夢要素はありません」とプロフィールに書くことで、淫夢を知っていることを暗に伝えることができます。特に、クッキー☆音MADが元ネタ?発祥の地となっています。「淫夢要素はありません」も、実際には淫夢要素があるのに、あたかもないかのように予告するやり方。

実際には初投稿ではなかったり、淫夢要素があったりします。これらのコメントを見ると、淫夢の映像を使ったシーンが原因で動画を消されることが多かったようですね。。具体例を見ていきましょう。」「淫夢要素はありません」というネタがあります。1月25日「VSマルクッキー☆修正版」の投コメは「修正しました。いずれにせよ、特に2012年の1-2月頃から出現し、クッキー☆音MADで流行っていったことは間違いありません。大嘘つき。ニコニコ動画で、淫夢ネタを扱った動画の投稿者コメント投コメで「初投稿です。だから、「初投稿です」「淫夢要素はありません」と嘘をつくことで、運営に消されないようカモフラージュする策略とも考えられます。

2010年10月と言えば、クッキー☆自体の黎明期です。ホモは嘘つき。スポンサーリンク「淫夢要素はありません?初投稿です自称初投稿兄貴」の元ネタ?初出。初投稿です兄貴とは。「初投稿です」「淫夢要素はありません」は、もはや淫夢語録のひとつとして一般に定着していますが、最初はクッキー☆音MADの一転攻勢からでした。どちらも、「ホモは嘘つき」というツッコミを入れるためのボケとして流行りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です