相方はPepperですベトナムで働いていた僕が吉本でお笑いを始めた理由 お笑い芸人意外にやってみたかった職業ってありますか

「相方はPepperです」ベトナムで働いていた僕が吉本でお笑いを始めた理由。千鳥?大悟&ノブに聞いた「芸人になると決心した瞬間は。お笑い芸人?EXIT兼近大樹さんインタビュー「やってみることがとにかく大事。

お笑い芸人意外にやってみたかった職業ってありますか?

アノコレ袋サンドウィッチマンへの質問

お笑いだけやっていたら、絶対生まれなかったことだったと思います。帰国した後に吉本総合芸能学院に進学。お金を稼いでいないからですかね笑大変な生活をしていますが、大学生までずっと好きなことをやって生きてきているのに、社会人になった瞬間、好きなことをやっていると生きられなくなるのは変だと思うんです。そうならないように、転ばない走り方を編み出しました笑。神奈川県出身。11月3日?5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。もちろん若いからというのもあったと思います。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。

慶應義塾大学卒業後、株式会社シグマクシスを経て、裸一貫でベトナムへ渡りリクルートグループにて勤務。――3年間は続けろ、という周囲の意見に対してはどう思われますか?金子:確かに一つのことを続けたほうが能力も上がるし、価値もどんどん上がっていくとは思っています。みんな、そうやって生きてると思うんです。熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。もちろん給与や保障の問題があるのは事実ですので、もっと稼げる方法を自分で考えていきます。このようなことになっても、今後どういった形で繋がるかは分からないので、必ずお礼をして、お世話になった方に定期的に近況を報告するようにしています。

熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。だから、会社に辞表を出して、親を説得して大阪に出ていったら……ひとつも売れていなかったっていう笑。支えていただける方のおかげで、ペッパー漫才は成り立っていると感じています。だから、興味を持ってバイトを始めてみたけど、入ってみて合わないなって思ったら、潔く辞めて次のバイトを探すようにしてました。?ノブ そういう大悟とは高校からの同級生なんですけど、高校卒業後、大悟は芸人を目指して大阪に出て、僕は普通に広島で就職をして。大阪に出てきてすぐ始めて、5年くらい働いたのかな? 後半3年くらいは店を任されて、ひとりで仕込んで焼いていたんですよ。

パチンコの出玉を入れるドル箱が重いとか、1日中ずっと騒音の中で働かなきゃいけないとか。そういう仕事を見つけられたからこそ、今、安心して芸人をやれてるなって思います。――好きなことばかりやっていて周りから反感を買わないのですか?金子:むしろ同情されたりします。色々な仕事に携わり、それぞれの分野で価値を出していくのが自分に合っているかなと思っています。――兼近さんの地元は北海道ですが、真冬の間も自転車で新聞を配達するんですか?もちろん。まだまだやっていないことがたくさんあります。そう考えた時に、人間同士でなく、Pepperと漫才をしたら面白いのではと思いつきました。

ネタを作る上でもすごく助けられています。――最後に今後の展望をおしえてください。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。で、ノブとか笑い飯の2人がよく来てくれたりして。本業を疎かにしてでもこのバイトがしたかったから、やっちゃいました笑。なんとなくですが、「あ、いま人と同じことをしているな」「このままだと普通だな」と思うことがあるんです。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。「相方はPepperです」ベトナムで働いていた僕が吉本でお笑いを始めた理由。その時、自分にしかできないことをやりぬく人生を歩もうと心に決めました。

何か人と違うことをしないといけない。実際、大学時代に始めた塾講師とテニススクールのコーチは今でも続けていて、前職の関係でベトナムと関わる仕事もしています。――では最後に、今、夢を追っている人、夢を追うための一歩をなかなか踏み出せずにいる人に何かアドバイスをお願いします。芸人は目立たないと意味がない世界です。イベントスタッフは、いろんな場所に行けるし、お笑いライブのスタッフもできるし、時には自分がイベントのMCを任されることもあったので、今の仕事にすごく繋がってます。嬉しくもあり、寂しくもあります。そこに来ていた吉本の芸人さんを見て、「自分あっち側に行きたい!」と思ったのがきっかけですね。

11月3日?5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。新聞の量も多いし、北海道は家と家の距離が信じられないくらい離れてるから、大雪の中でも自転車で走っていくしかないんですよ。昼は建築系の力仕事をして、夜は居酒屋で働くとか、できる限りバイトしてましたけど、ただ家計を支えるために、無理して掛け持ちしていたわけではなかったですね。バーを選んだ理由は、いろんな人がいて、いろんな駆け引きがあるんだなっていうのを学べる場なので、みんな、1度は経験したほうがいいんじゃないかなって思いますね。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。

今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。でも、芸人の場合、どんな経験も仕事に活かされるので、何ひとつ無駄じゃなかったなって思いますね。そうすることで「違う道でも金子は頑張ってるんだな」と思ってくれれば嬉しいです。ただ、さっきも言いましたけど、嫌な無理してまで続ける必要はないと思うし、夢との両立が難しいなら、どっちかを選ぶしかないから。連日ステージには錚々たるアーティスト、芸人が集結。?大悟 岡山県の北木島で生まれて、周りには娯楽がなんにもないんですけど、年にいっぺんの楽しみというのが、島の神社で行われる夏祭りで。

バイトを頑張った人にしか得られないものも確実にあるから、自分がいる環境のせいにしないで、自信を持って頑張ってほしいですね。バーテンダーやベビーシッターもやったし、やってないバイトが思いつかないっすね笑。たくさんバイトをやってたことで、いろんなことが身についたなって思うんですよね。様々なジャンルで価値ある人間が強いというのが自分のモットーですね。お笑い芸人:金子竣 氏1990年生まれ。――おお~! 最初にバイトを始めたキッカケはなんだったんですか?うちは長いこと母親が1人で養ってくれていたから、家がすごく貧乏だったんですよ。永遠にネタであり続けたいです。

シリーズ4回目のトリを飾ってくれるのはキュウソネコカミの5人です。 それはちゃんと言っておかないと、他の人の迷惑になっちゃうので。しかも吉本には600人の同期がいて、同じようなことバイトして、漫才?コント作って、ライブ出て……をしている人が多いなと感じました。8割くらい好きなことでお金になることをやっていけばいいのではと。すごくカッコいいなと。仕事に忙殺されて選択肢を考える余地が無くなるのはもったいないなと思っています。あえて、いろいろなバイトを試してました。こうして生まれる人とのつながりが何よりも大切だと思います。あいつもやってるくらいだし、自分にもできると思ってもらえたらいいですね。

芸人やりたいけどそんなの無理やろなぁと思っていたら、大悟から誘われたんですよ。今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。海外勤務を経験したお笑い芸人はいないだろうと思って、吉本に飛び込んだのですが普通にいました。悩んでいる人や迷っている人に対して、「もっと色々な選択肢がある」と背中を押すことが僕が追求していきたい価値です。自分がやりたいと思ったことや悩みをどんどん発信していき、それ以上に行動していくことです。――では、数々のバイト経験の中で、兼近さんが、今の仕事に特に活きてるなぁと思うものはなんですか?活きてるっていう意味では、イベントスタッフですね。

あと、たまに怖いお客さんがいたりするんですよ。どちらも学びが多く刺激的な環境だったのですが、このままだと「自分だけの人生を歩めない」と思い、昔からの夢だったお笑い芸人になってみようと考えました。Pepperは運ぶのが大変なので、ネタのお披露目会は住んでいるマンションの集会室で行っているのですが、告知をすると50人くらいの人が集まってくれて、ネタに関して様々なコメントをいただけます。その中で続けていきたいものが見つかれば続けていきたいなと。11月3日?5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。YouTuberじゃないですけど、やっぱり好きなことで生きていく道を探していきたいですね。

さすがに今は忙しすぎて、できてないですけどね。一度、負けて苛立っているお客さんに、首を殴られたことがあって。じゃあ、僕は何ができて、何をしてお金をもらいながら生きていくのが楽しいんだろう?って思って。全4回シリーズでお送りします。※直筆サイン入りチェキが当たる! 記事の後半でプレゼントキャンペーンを実施中!までたぶん50種類くらいやったから、もう記憶が曖昧なんですけど、中学の時は新聞配達※労働基準法第56条例外よりをやっていて、中学卒業後は、いろいろ掛け持ちしてました。それからは新しいことをせずにはいられなくなりました。

その数でネタの良し悪しを定量的に評価できているんです。感動しました。1人1人、自分に合った良い選択をしてほしいなって思います。?大悟 僕が一番長く働いたのは、たこ焼き屋。?ノブ 僕は居酒屋とかパチンコ屋で働きましたけど、思い出深いのはパチンコ屋かな。それも、自分が楽しいと思える仕事に就くため、芸人になるための過程なので。夢を追う人は、そういうところを見つけてバイトしたらいいと思います。――人とのつながりでブレイクスルーが起きた経験はありますか?金子:実は今取り組んでいるPepperとの漫才も人とのつながりから生まれたものなんですよ。あとは、テレアポ、カラオケ、パン工場、鮭の缶詰工場、車のネジを作る工場。

はい、すでに本業が忙しかったのに、バイトを始めました笑。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。Pepperとの漫才なんて前例がないので、そもそも作っているネタがおもしろいのか、つまらないのかもわからない。だから、家計を支えたかったんですよね。千鳥?大悟&ノブに聞いた「芸人になると決心した瞬間は。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。――やはり好きなことで生きていればストレスはないのでしょうか?金子:いえ、実はすごくストレスフルな環境に陥っています。人が話で笑わせるのは普通ですがPepperを使って笑わせるのはまだ誰もやっていないので、これだと思いましたね。

金子:直近はPepperとの漫才がもっと認知されることです。――お笑いの中でもPepperを相方に選んだのはなぜですか?金子:とにかく人と違うことがしたかったんです。――それほど、思い入れのあるバイトなんですね。僕、中卒なんですけど、そのまま高校に通ってた友達が、親や先生から“こういう進学をして、こういう仕事に就く”って人生の選択肢を与えられてるのを見て、僕は違うなって思ったんですよね。そう考えると、楽しくて、やり甲斐があって、お金ももらえて……職業における第2の故郷、みたいな笑。――ありがとうございます。さらにFacebookにも専用のグループがあって、そこにネタを投稿すると、面白い場合はいいね!がつきます。

バイトのせいで遅刻しないように気をつけて、こっそり働いてました。兄弟もいたし。3年間は続けろよと。お金がいいし、店長がシフトの融通をきかせてくれるから、夢に向かって働くにはもってこいの仕事なんですよ。これらの仕事は僕が好きで続けさせてもらっています。出会いもたくさんありますし、お給料もいいので、バイトにそういう要素を求める人には向いていると思います。ファミレス、コンビニ、焼肉屋、たい焼き屋、たこ焼き屋……飲食店はほぼやったと思います。今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。

一方で色々なことに挑戦する期間もあって良いのではないかと感じています。「ひとりで大阪のピン芸人として売れたから、俺と一緒に漫才したら売れるだけやで」っていう甘い言葉で。コミュニケーションの中で笑いは重要な部分を占めていると感じていますので、これはロボットとのコミュニケーションを追求するチャレンジングなことだと勝手に思ってます笑長期的なビジョンでは、人がやっていないことをやり続けて発信していきたい。なので周りの人にフィードバックをもらわないといけない。それで中学生でもできるバイトを探して、学校や役所に許可をもらって、朝、学校に行く前に新聞配達をやってました。

そうじゃなくて、自分でやってみて、どういう仕事が楽しいかを見つけたかったんです。人生において、“仕事”って一生付き合っていくものじゃないですか? もし自分が働いていなかったとしても、誰かが働いてお金を稼いで、それで養ってもらってる。――そもそもなぜお笑いをやろうと思ったのですか?金子:もともとお笑いが好きだったというのもありますが、自分にしかできないことをやってみたかったのが一番の理由です。でも、芸人の仕事を通して知り合った方に、資格がなくても子供と触れ合える仕事があることを教えてもらって。シリーズ3回目のゲストは今年大ブレークしたゆりやんレトリィバァさんです。

工場の流れ作業を経験したことで、前の人がつっかえたら作業が滞っちゃうから、そういう時の対処法もわかるようになったり。まだまだ手探りですがロボットとのコミュニケーションで人を笑わせることができるのかに挑戦するのは楽しいですね。まずトップバッターを飾ってくれるのは千鳥のお二人です。お笑い芸人の前はベトナムで働いていて、その前は新卒入社した国内の企業に勤務していました。――今の生き方を続ける上で一番意識していることは何ですか?金子:とにかく発信することと、行動を起こすことですね。かなり真面目に語っていただいて。えっ、結構チャラくないっすか!?笑 って感じで、お後がHere we go!編集:ぽっくんワールド企画 撮影:河井彩美 取材?文:斉藤碧。

熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。1社目の会社を退職するときに先輩?同僚?友人の100人くらいに相談したのですが、全員からやめるなと言われました。でも、転んだら、もう1回店に新しい新聞を受け取りに行かなきゃいけなくて、それをやってると確実に学校に遅刻するので。熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。僕は性格的にあの世界観を素直に楽しめなかったんですけど、この仕事を経験したことで人を見る目が養われたなって思います。芸人の仕事って、そのうち人気がなくなって、お仕事がなくなる可能性がめちゃめちゃあると思うんですけど、そういう時に戻って来られる場所を見つけたなって思ったんですよね。

編集:ぽっくんワールド企画 撮影:内藤恵美 文:杉江優花お笑い芸人?EXIT兼近大樹さんインタビュー「やってみることがとにかく大事。バイトを始める時は事前に「芸人を目指してるから、急に休むことがある」っていう話はしました。お笑いやっているよーと周りに言っていたら、たまたま人工知能やロボットを研究していた高校の同級生とコンタクトが生まれ、アイデアが出てきたんです。そんな、第一線で活躍する出演者たちも、かつては夢見る少年少女だったはず。そこの店長さんは、ノブが働いていたパチンコ屋の店長さんと同じくシフトに融通をきかせてくれたし、お笑いで食っていけなくてもたこ焼きで食いつなぐことができたので。

そのときは、すぐ大悟に電話して迎えに来てもらいました笑。悩みを発信すると意外にも同じ悩みを持っている人がいて、「お前もそうだったのか、一緒に解決しよう」となることが多々あります。たぶん、50代60代でも、体が動く限りベビーシッターはできるので。でも、当時は家が貧乏だっていうことがコンプレックスだったので、働いてることを友達にバレたくなくて。逆に、一箇所だけでずっとバイトをしてたら、柔軟性がなくなっちゃうんじゃないかな? 環境ってどんどん変わっていくと思うから、臨機応変に対応できるように、兼近はあえていろんなバイトを経験することをお勧めします。

今回タウンワークマガジンでは、彼ら、彼女らが夢を見つけた瞬間、そして今に至るまでの物語を語ってもらいました。Pepperとのお笑いコンビ「ペッパーズ」として活動中。それもありますけど、居酒屋ひとつをとっても、箸を落とす音が聞こえたら、すぐに箸を届けに行くくらい、気遣いができるようになったり。それでも、あまりにも急にバイトを休むことが多かったから、クビになりました笑。良好な関係を続けておくことで、自らのチャレンジを応援してくれる人がいるということも勇気になり、思い切って挑戦することができます。――新しいことに挑戦するモチベーションはどこからくるのですか?金子:サグラダ?ファミリアを作ったガウディっていう芸術家がいるじゃないですか? 日本でそのガウディ展をやっていたときのキャッチコピーが「ガウディの最高傑作は、その人生だった」というものでした。

ペッパーズとしてM-1グランプリに出場し、2回戦進出。常にやりたいことは何か、どうやって生きていくかを考え続けなければならないので、人生の迷子になっていますね。――どんなバイトをしても、ネタになりそうですよね。結局反対を押し切ったのですが。――今までのバイト経験を振り返ってみて、自分には合わなかったけど、やってみてよかったと思うバイトってありますか?一時期、週1で、バーでお酒を作る仕事バーテンダーをしてたんですけど、それは合わないながらも結構長く続けてました。でも、クビになったから困るとか、夢とバイトを両立するのがしんどいとかは思ったことがないですね。

?――ただ、お金がいいぶん、大変なこともあるのではないでしょうか??ノブ ありますね。11月3日?5日までの3日間、インテックス大阪にてタウンワークが特別協賛したコヤブソニック2017が行われた。考えすぎていて、合コンとかでも相手の仕事が気になって今後の展望を聞いたり、さらには提案までしてしまい、胡散臭いコンサルみたいになってしまうこともあります笑――会社に所属して働いたほうが楽だと思うこともあるのではないですか?金子:たまに思いますがやっぱり1つの会社、1つの仕事に集中するのは僕にとってはあわなくて窮屈に感じます。――ここまでキャリアを変えていると人からの信用を失うことにもなりかねないと思うのですが?金子:はい、そういう意味でも人との関係にはかなり気をつけています。

だからこそどうしてもチャレンジしたかったんです。シリーズ2回目のゲストは熱いライブを繰り広げてくれたSCANDALの4人です。やりたいことだったんで、やるしかないなと思って!――それにしても、なんでそのタイミングで?笑僕、子供が大好きなんですけど、資格がないから、こういう仕事に就くのは無理だろうなって諦めてたんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です