5分でわかるプラハの春 プラハの春とはどういう世界史的事件ですか

5分でわかるプラハの春。特派員発「プラハの春」半世紀。プラハモリ#01。

プラハの春とはどういう世界史的事件ですか?

戦後は、チェコスロバキアがソ連の占領下で共産主義国家となると、国内の共産党機関で勤務し、1955年から1958年まではモスクワに留学して政治学を学びました。 侵攻してきた戦車に無防備の市民が立ち向かう-。東側諸国は、3月にドレスデン、5月にモスクワ、7月にワルシャワ、8月にブラチスラヴァで会談の場を設け、改革運動を抑制しようとしますが、合意にはいたりませんでした。1921年にスロバキア西部で生まれました。ドゥプチェクの目的は、民衆の支持を獲得して共産党指導体制を維持することで、完全なる民主化を目指していたわけではありませんでした。保存のため、現在は立ち入りは厳禁という。

8月20日の午後11時頃、ソ連、ポーランド、ブルガリア、東ドイツ、ハンガリーからなるワルシャワ条約機構軍が侵攻。 メディアへの事前の検閲が廃止され、共産党の過去の「粛清」などタブーだった内容も報じられるようになった。1968年にはチェコスロバキア共産党第一書記に就任し、さらなる改革を目指します。特にソ連のレオニード?ブレジネフ書記長は、ヴァツリークの書いた「二千語宣言」を反革命的と厳しく批判しました。第二次大戦末期の1944年には、ナチス?ドイツの支配に対する武装闘争「スロバキア民衆蜂起」に参加。当時の局技術責任者で、近く退職するというトマシュ?トムカさん75が「あのとき」を思い起こす。

特派員発「プラハの春」半世紀。1968年8月、社会主義体制下のチェコスロバキア当時で起きた民主化運動「プラハの春」が、ソ連当時などの軍事介入で弾圧される光景は世界に衝撃を与えた。プラハモリ#01。 チェコスロバキアでは68年、1月に共産党第1書記に就いたアレクサンデル?ドプチェク氏の下、低迷した経済など国家立て直しに向けた改革に乗り出した。 首都プラハ中心部のチェコ放送旧チェコスロバキア放送の庁舎内には扉が閉ざされたままの部屋があった。 「何としても放送を続けようと必死だった」。その結果、8月15日から17日に開かれたソ連共産党政治局会議で、チェコスロバキアへの軍事介入が決定してしまいます。

帰国後は、1962年にブラチスラヴァ市のスロバキア共産党県委員会第一書記、1963年にスロバキア共産党中央委員会第一書記に就任するなど、順調に出世。。それから間もなく半世紀。しかし改革運動は彼の意図を超えて広がり、共産党だけではなく、労働組合や青年組織、社会民主党などの非共産系政治組織の活動も急進化していくこととなったのです。 だが、ソ連主導の軍事同盟、ワルシャワ条約機構の部隊は8月20日夜に侵攻を開始。50年前、軍事侵攻後も隠れてラジオ放送を続けた場所だ。出版規制の緩和などに尽力しました。市場経済の一部導入など社会主義の枠内で社会?政治制度の民主化を目指す内容は「人間の顔をした社会主義」と称された。

党大会を前倒しして9月に開催することが決定されると、さらに反発が強まります。父親の影響もあり、1939年に18歳で非合法政党だったスロバキア共産党に入党します。周辺の衝突では14人が死亡した。5分でわかるプラハの春。そんなヨーロッパの中心にあるチェコは、南北に流れるブルタヴァ川と東西を結ぶ交易ルートの交差点に位置し、とおい昔から東西南北の経済?文化の交わる地点となってきました。民主化は実現し、記憶は薄れるが、国際社会が揺れる今、夢に終わった「春」の意義を思い起こし、教訓を伝えようとする人々もいる。このような状況は、共産党の政策修正の域を超えているとして、ソ連をはじめとする東側諸国の批判を招くことになりました。

当時のソ連では、「非スターリン化」と呼ばれるソ連共産党の政策転換がおこなわれていて、これを目の当たりにしたことが、後にドゥプチェクが改革を目指す素地になったともいわれています。翌21日朝、局に駆けつけたトムカさんが目撃したのは、戦車を前に市民が路線バスなどをバリケードにして局を守ろうとする姿だった。自由な言論が開花した「とてもすばらしい時期だった」トムカさん。この党大会で改革に反対する人々を一掃し、改革勢力の支配がより盤石なものになると考えられたからです。チェコスロバキア全土を占領し、ドゥプチェクらは拘束され、プラハの春は終わることとなりました。

プラハの春の指導者であるアレクサンデル?ドゥプチェク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です